循環器系は、血液を循環させるシステムである心臓および血管からなる。心臓は血液を送るためのポンプであり、自律的な電気的興奮によってコントロールされている。

心臓

電気的興奮は制御された刺激伝導系を介して心房から心室へと伝わり、興奮に引き続く筋肉の収縮によって血液を全身および肺へと送り出す。

血管は心臓から組織に向かう動脈と、心臓へ還流する静脈に分けられ、スムーズな血流の維持に関与する

循環器疾患は

血液を動かすポンプ(心臓)の異常
  ポンプの力(収縮)の異常とリズムやタイミング(電気的興奮)に異常

血流を流す管(血管)の異常

に分けられる

正常な心臓の動き

人の心臓は2心房2心室である

  • 全身の静脈血が流入する右心房
  • 肺へと血液を送る右心室
  • 肺で酸素化された血液が還流する左心房
  • 動脈を通して全身に血液を送る左心室

心臓は、胸骨の裏側に位置し、心尖部をやや左にむけて存在する。大きさは手拳大で、重さは250〜300gほどである

心臓の体積の大部分は筋肉細胞であり、協調して収縮することにより、心房心室内の血液を効率よく押し出すことができる。心臓は心筋の塊で。心筋は横紋筋に属し、自分の意志では動かせない不随意筋である。

心臓の壁

心臓の壁は、心内膜・心筋層・心外膜の3層からなる。
心房の壁は心室の壁に比べて薄い(心房中隔には胎児循環の痕跡の卵円窩がある)
左心室の壁は右心室の壁の3倍の厚さがある(全身に血液を送り出すため)
心室の内腔面には乳頭筋があり、腱索で房室弁とつながっている

心臓の部屋と血液の流れ
心臓の内腔

心臓の膜(心膜)

心外膜とは漿膜性心膜の臓側心膜のことで、大血管(大動脈、肺動脈、上大静脈)の出口の根本で折れ返り、壁側心膜になる。壁側心膜の外側には、強靭で伸縮性のない線維性心膜(血管の外膜の続き)が心臓が保護している。壁側心膜と線維性心膜を合わせて心嚢という
漿膜性心膜は、胸膜や腹膜と同じようにひと続きの閉じた袋状をなし、中には少量の漿液(心嚢液)が入っている

心機能の調整

心臓の拍動に影響する要因は、
第一は、自律神経系による刺激電動系や心筋に対する働きである。交感神経は心拍数や収縮力を増加させ、副交感神経は心拍数を減少させる
第二はホルモンで、アドレナリンや甲状腺ホルモンが心拍数を増加させる

心臓自体の特性による調整も働いており、収縮直前に心臓に流入している血液の量が多ければ多いほど収縮力が増し、拍出量が自動的に増える仕組みになっている。つまり、静脈からの還流量に応じた拍出量を動脈に送り出す仕組みである

圧受容器と伸展受容器
交感神経と副交感神経の作用