ACLSプロバイダーコースは、主に病院内で行なわれる成人傷病者への二次救命処置トレーニングを行なう、医師、看護師、救急救命士向けプログラムです

BLS大分は福岡県でACLSプロバイダー1日コースを開催しています。

受講申し込みフォーム

 5月30日(土)10:00〜18:00残席5(定員6)申込

会場:クローバープラザ春日
(JR春日駅より徒歩1分)
〒816-0804 福岡県春日市原町3丁目1-7
TEL : 092-584-1212

大阪から会場までのアクセス

*** 大阪への依頼出張講習に対応いたします ***

大阪県内でのAHA-ACLS1日プロバイダーコース公募講習の予定は現在はありませんが、
受講希望者6名で、大阪県内の病院や大学などへの出張講習に対応いたします。
会議室や公民館など、場所さえ確保いただければ、機材を揃えてお伺いします。
気軽にご相談ください
。→ 出張講習・講師依頼について

BLS大分でのACLS1日プロバイダーコースの特徴

  • 1日で修了します
  • BLSプロバイダー資格や受講歴は不要(AHA規約準拠)
  • 理解を重視するための少人数制

アメリカ心臓協会AHA公認のACLSプロバイダーコースを、1日で修了し、BLS資格/受講歴は不要のコースを福岡県春日市にて開催しています。

日本国内においても、麻酔科専門医や循環器専門医の申請要件のひとつとなっている公式な資格証です

ACLSプロバイダーコースは通常2日間で開催されますが、BLS大分ではマネキン1体あたりの受講者人数を制限することで時間を短縮、ACLS資格を1日で取れるようにしました。

2日間のコースを1日で修了致しますので、コース前に十分に事前学習をして頂きます。
そのため、コース中はシュミレーションを中心に展開していきます。

県内外の方でも訪れやすいアクセス

クローバプラザ春日
503号室

BLS大分では、福岡開催時には「クローバプラザ春日」を使用しています。
福岡の玄関口である博多駅より20分で春日駅に到着致します。
そして会場までは、JR春日駅から徒歩1分で到着致します。

AHA ACLS Provider Course 1日版

(AHAガイドライン2015正式日本語版)

内容心原性心停止への二次救命処置:心室細動、無脈性心室頻拍、心静止、無脈性電気活動、徐脈、頻脈、呼吸停止、脳卒中、急性冠症候群
受講資格二次救命処置が職務範囲の専門職
        (医師、歯科医師、看護師、救急救命士、臨床工学技士)
受講要件1.成人への一人法CPR+AEDができること
2.モニター心電図の判読できること
3.蘇生に使う薬剤の知識があること

※これらを証明するためにオンラインによるプレテストで70%以上をマークする必要があります。
事前学習についての詳細はこちらより
        →https://www.bls-oita.com/aha-acls/pre-learning/


¥30,000
※ テキスト、ピンバッチ代は含まれていません
※ 昼食代は含まれていません。昼食は各自でご用意ください
※ ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です
テキスト必ずAHAガイドライン2015版のACLSプロバイダーマニュアルをひとり一冊ご用意下さい。
ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠 ¥7,560
必要なものテキスト、筆記用具 
(ポケットマスクは消毒済みのものをお貸ししています)
時間約8時間(1日で終了します)
筆記試験50問4択式 42問以上正解で合格となります。
テキスト・資料持ち込み可。
試験問題は日本語です。
実技試験成人への一人法CPR+AED、呼吸停止への対応、ACLSメガコード試験
修了証コースの全課程に参加して、筆記試験と実技試験に合格すると、
修了証 が発行されます。
修了証の期限2年間有効

詳細につきましては、下記のURLを参照されてください
 URL)https://bls-oita.net/blsoita/acls-acls-provider-fukuoka-1-html