現在も継続中の新型コロナウイルス (COVID-19)。
倒れている人を発見した時には、「今がこんな状況だから近寄りたくないな。でもな・・・」と思う人は多いことでしょう。

新型コロナウイルスの影響を受け、国際蘇生連絡協議会(ILCOR:イルコア)から心肺蘇生時の感染リスクとその対策について国際コンセンサス(CoSTR:コースター)が発表されました。
発表されたことで日本蘇生協議会(JRC)が出した見解を説明していきます

ILCOR COSTR:心停止傷病者から救助者への COVID-19 感染リスク

JRCからの勧告

感染リスクについて

ILCORの見解

 胸骨圧迫とCPRはエアロゾルを発生させる可能性があると考える
   (弱い推奨、エビデンスの確実性:非常に弱い)

JRCの見解

 同様の見解である

わが国への適用

 胸骨圧迫のみの場合も含めCPRはエアロゾルを発生させる可能性があることは、わが国においても留意する必要がある

まとめ

すべての心停止傷病者は感染の疑いがあるものとして対応する。

心肺蘇生を行った場合は、粒子を発生させてしまう可能性があることに気を付ける必要がある

成人の心肺蘇生法について

ILCORの見解

 現在のCOVID-19 パンデミックの状況では、市民救助者の胸骨圧迫のみのCPR と AED による電気ショックを考慮することを推奨する(望ましい医療行為)

JRCの見解

 JRC2015では、胸骨圧迫については、心停止傷病者全てに胸骨圧迫を施行することを推奨していた(強い推奨、非常に低いエビデンス)。また、人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思救助者は、全ての成人心停止傷病者に対して胸骨圧迫と人工呼吸を実施することを提案していた(弱い推奨、非常に低いエビデンス)。COVID-19パンデミックの状況は、口対口人工呼吸は胸骨圧迫や電気ショックと比較してCOVID-19感染リスクが高いと考えられるため、市民救助者(人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある救助者を含む)は、胸骨圧迫のみのCPRとAEDによる電気ショックを考慮することを提案するのは妥当である

わが国への適用

COVID-19 パンデミックの状況では、市民救助者(人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある救助者を含む)は、成人の心停止の対して、胸骨圧迫のみのCPRとAEDによる電気ショックを検討することを提案する

まとめ

成人は、心原性での心停止が多い。そのため、心停止したとしても数分間は酸素が血中に溶け込んでいるため、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫とAEDによる電気ショックでいい。だが、スキルと意思があれば人工呼吸はしたほうがいい。

新型コロナウイルスが流行している現状では、感染リスクがあるため、胸骨圧迫のみとAEDによる除細動がいいのではないかということである

小児への心肺蘇生法について

ILCORの見解

現在のCOVID-19パンデミックの状況では、人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある市民救助者が、小児に対して、胸骨圧迫に加えて、人工呼吸を実施してもよいと考える(望ましい医療行為)

JRCの見解

JRC2015では、院外および院内における小児の心停止において、救助者は人工呼吸と胸骨圧迫を行うことを推奨し、救助者が人工呼吸を施行することができない場合は、小児の心停止においても少なくとも胸骨圧迫だけは行うべきであるとしてきた(強い推奨、低いエビデンス)

わが国への適用

COVID-19パンデミックの状況では、人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある市民救助者が、小児に対して、胸骨圧迫に加えて、人工呼吸を実施してもよいと考える(望ましい医療行為)

まとめ

小児は、窒息などによる呼吸が原因での心停止が多い

そのため、COVID-19への危惧があったとしても、小児の救命の上では人工呼吸は欠かせない、成人のCPRとは違って「人工呼吸は省略する」ことを基準にできない、ということです
人工呼吸は省略はできない理由についてはこちらから→
                https://bls-oita.net/bls/breathing-mandatory-situation
小児の場合は人工呼吸を行ってもいいという見解です。

感染防護具について(医療従事者向け)

ILCORの見解

蘇生の際にはエアロゾルが発生するため、現在のCOVID-19パンデミックの状況では、医療従事者は、PPEを使用すべきであることを提案する(弱い推奨、エビデンスの確実性:非常に弱い)

JRCの見解

同様の見解である

わが国への適用

胸骨圧迫のみの場合も含めCPRはエアロゾルを発生させる可能性があり、傷病者がCOVID-19の感染の可能性が疑われる場合には、医療従事者は、眼・鼻・口を覆う個人感染防護具(アイシールド付きサージカルマスク、あるいはサージカルマスクとゴーグル/アイシールド/フェイスガードの組み合わせ)キャップ、ガウン、手袋の装着に加え、N95マスクの着用が必要である。また、米国CDCも、CPR、気管挿管などを、エアロゾルを発生させる処置として位置づけ、医療提供者の目、鼻、または口が保護されていない状態ではハイリスクであると評価している

まとめ

すべての心停止傷病者は感染の疑いがあるものとして対応する。
自分のことは自分で守るです。

心肺蘇生の前に電気ショックを行うことの有益性について
                      (医療従事者向け)

ILCORの見解

医療従事者がエアロゾル発生に対するPPEを着用する前に電気ショックを実施することは、有益性がリスクを上回る可能性があると医療従事者が評価できる状況では合理的であるかもしれないと考える(望ましい医療行為)

JRCの見解

心停止後数分以内に電気ショックを行うと自己心拍が持続的に再開する可能性があり、一方電気ショックでエアロゾルが発生する可能性が非常に低いことを考えると、医療従事者は、エアロゾル発生のためのPPEを着用する前に電気ショックを試みることのリスクとメリットを考慮することは合理的でであるかもしれないと考える

わが国への適応

迅速な電気ショックが求められる状況において、医療従事者がエアロゾル発生に備えたPPEを着用する前に電気ショックを実施することは許容される

まとめ

PPE装着前に除細動することは許容されますが、
・電気ショックの準備、実施をしている人は、サージカルマスク、ゴーグルの装着をして行う。
・電気ショック後はPPEを装着した人が蘇生を行う
という感じになるのでしょうか??

全体的なまとめ

  • 新型コロナウイルス流行中は、倒れた人は感染の疑いを持って対応する。
    感染防護具を装着して対応する。
    自分の身は自分で守ること
  • 人工呼吸のように、口を近づけない胸骨圧迫だけでも感染になりうるエアロゾルが発生する可能性がある
  • 新型コロナウイルスが流行中の倒れた人を見つけたら、
     ・成人では、胸骨圧迫とAEDによる電気ショック
     ・小児/乳児では、救助者が我が子であれば、リスクよりも救助したいと意思が強いため、
      人工呼吸を行う意思を持つ人も多い。医療行為としても望ましいため、人工呼吸を行っても
      よいと考える