養護教諭、保育士、幼稚園教諭、学校教職員など、責任ある立場の人向け対象に救命スキルをより深く学びたい方に、救命法の「なぜ?」を学ぶためのセミナーです。

現在、小児や乳児による事故が多発している中、養護教諭や保育士、幼稚園教諭 学校教員の救命処置・応急処置を施設や消防の関係で研修や訓練をするように義務づけられています。

実技訓練としての心肺蘇生法の習得は、年に数回は各施設で行われていると思います。ですが、心肺蘇生法としての内容としては、成人の心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の実技練習のみといった所が多く、小児に対する心肺蘇生法が行われていないということを聞くことがあります。

そこで、本セミナーでは、成人と小児の実技訓練とその違いや人が生きるための仕組み、心肺蘇生法の本質について理解を深めることを目的として企画をしました。


前半では、AED講習で知られる一般的成人に対する心肺蘇生法(CPR)とAED(自動体外式除細動器)操作の他、小児の心肺蘇生法、喉に物が詰まった時の解除法を4時間かけて実技訓練をします。
練習用マネキンを使っていただきますので、養護教諭や学校教職員や保育士などの責任ある立場にふさわしい確かな技術が身につきます。実技練習後には、実際の現場に近いシナリオを使ってシュミレーションを行います。
心肺蘇生法講習では定評であるアメリカ心臓協会(AHA)のハートセイバー CPR AEDの公式ライセンスを発行します。


後半では、より深く心肺蘇生法について学んで頂くオリジナル講習会を開催致します。
胸骨圧迫やAEDによる除細動の手順は学んだとしても、人は徐々に忘れていきます。

いざという時に、「使える」ということをしなければなりません。
ですが、理屈が理解しているのとしていないとでは、動きが変わります。

「できる」「わかる」ということを目指していきます


予定内容

【前半】10時〜14時

   ハートセイバー CPR AED(心肺蘇生法)コース(成人/小児)
 【詳細

【後半】14時30分〜17時

   人が生きる根源的な仕組みとその破綻(すなわち生命危機)
   現場の安全確認、反応・呼吸の評価
   強く・早く・しっかりと元に戻す・・・理屈をしる
   過換気を避ける・・・呼吸がない!その時どうするか
   AEDを使えば助かる???


会場:ホルトホール大分
(大分駅から徒歩5分)

時折、会場に直接コース開催について問い合わせをする方がいます。
問い合わせは当サイトのお問い合わせより連絡ください

  • コース名:心肺蘇生法セミナー
  • 受講対象:養護教諭、保育士、幼稚園教諭、学校教職員
  • 開催日:2019年11月17日(日)
         午前:10時〜14時
         午後:14時30分〜17時
  • 受講料:【午前】 8,000円(テキスト代は含まず)
    *「ハートセイバー ファーストエイド CPR AED 受講者用ワークブック」が必要です
        【午後】 1,000円(午前に参加された方は無料で参加頂けます)
  • 場所:ホルトホール大分
       〒870-0839 大分県大分市金池南一丁目5番1号
  • 主催:BLS大分

    *昼食は各自でご用意ください。昼休憩は時間がタイトなため思う通りには取れないことをご了承ください
    *ハートセイバー CPR AED修了カードは後日郵送致します

受講希望される方は、上記の【申込】ボタンより申込をお願い致します。
折り返し内容確認のメールが自動送信されます
確認メールが届かない場合は、メールアドレス記入ミスか、迷惑メールフォルダーへ入っている可能性がありますので、ご確認ください。
申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
受講が決定した方には、あらためてご連絡を致します。