PALSプロバイダーコース 講習開催予定

  開催日   時間    場所 募集状況
11月28日
(1日コース)
9時30分〜21時JRスペースワールド駅
  徒歩15分
キャンセル待ち
11月29日
(1日コース)
9時30分〜21時JRスペースワールド駅
  徒歩15分
キャンセル待ち
※主催は Child-Lifes横浜 です。BLS大分も共催として参加します。

2021年度(令和3年)PALSプロバイダーコース 公募開催

10:00〜19:00
   (両日共)
北九州市男女共同参画センタ
※主催は Child-Lifes横浜 です。BLS大分も共催として参加します。

PALSプロバイダーコース
(Pediatric Advanced Life Support Provider)

PALSプロバイダーコースは、小児の心停止を未然に防ぐ介入から、心停止後の二次救命処置(Advanced Life Support)までを幅広くカバーした「急変対応」コースです。心停止対応に留まらないAHA ECCプログラムの集大成ともいえます。

PALSプロバイダーコースは、小児科医のための専門的なプログラムではありません。日頃、小児と関わることがない医療者にとっても、急変対応を学ぶ上では、臨床現場に直接活かせることを目的としたプログラムです

体系化された評価手順とアルゴリズムを用い、できるだけ簡便な方法で、小児に迫った緊急度を判断し、小児科専門医に引き継ぐまでの安定化を行う方法を学びます。

心停止予防-一次救命処置-二次救命処置 AHA-PALS(パルス)の流れ

BLS大分のPALSプロバイダーコースの特徴

・少人数制-受講生レベル・ニードに合わせた指導
受講生の個別ニーズに応えるため、受講生を4〜6名前後としています

・エキスパート看護師がコースを担当


PALSコース学習内容

  • 小児、乳児のCPRとAED
  • 小児の体系的評価アプローチ
     体系的アプローチ1(第一印象~一次評価~安定化)
     体系的アプローチ2(二次評価~診断的評価)
  • 呼吸器系:重症度:呼吸窮迫・呼吸不全
         タイプ:上気道閉塞/下気道閉塞/肺組織病変/呼吸調節の障害
  • 循環器系:重症度:代償性ショック・低血圧性ショック
         タイプ:循環血液減少性ショック/血液分布異常性ショック/心原性ショック/
             閉塞性ショック
  • 不整脈への対応:徐脈・頻拍
  • 心停止時の対応:VF・無脈性VT・心静止・PEA(無脈性電気活動)
  • 心拍再開ROSC後の管理
  • チームダイナミクス(チーム蘇生の概念)

PALSプロバイダーコースの概要

コースPALS Provider 1Day Course
(AHAガイドライン2015準拠 正式日本語版)
受講資格医療従事者および医療系学生:主に看護職を対象としています
受講条件小児、乳児のCPRとAED操作が出来ること
不安なかたは事前にAHA-BLSの受講をお薦めします。
当会ではAHAの規約に準じて、AHA-BLS資格をPALSの受講条件にはして
おりません。
受講料金¥43,000
テキストPALSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠 (¥14,850)
実技試験小児・乳児のAEDとCPRスキルテスト
実技試験(症例ケース2例)
筆記試験筆記試験(84%以上の正答率)
*オープンリソースの試験(テキスト類の持ち込み可能)
主 催チャイルド ライフェス 横浜
共 催BLS大分
提携TC日本医療教授システム学会(JSISH)
  • 臨床的に小児のアセスメントに習熟されている方以外は、まずは PEARSプロバイダーコース の受講をお勧めします。
  • 内容的にかなりのボリュームがあるため、ACLSプロバイダーコースの受講経験があると、よりPALS領域のことに集中して学ぶことができます